楽天市場のマスク最安値は1枚17円に!日本製は89円品質重視。夏用は249円洗えるタイプ。

健康

週明け25日にも1都3県の東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県と北海道の緊急事態宣言が解除される模様です。
解除されてもウイルスが無くなった訳ではなく、相変わらず三密を避けて、マスクや消毒の生活は続きます。

GW真っ只中はマスクは店頭で買えませんでした。ネットでも価格が高かったですね。

マスク1枚あたりの価格の推移(緊急事態宣言期間中)

4月28日現在で49円でした。5月5日には32円に下がりました。

5月11日の週には20円台後半になり、ほぼ横ばいが続きました。
5月18日の週は20円台前半から21円まで下がり
そして今日、5月23日現在は17円にまで下がりました
17円のマスクです。

都市部ではマスクの値崩れにより200枚や500枚、1000枚という大ロットで売る業者が店頭に並べるようになってきました。

マスクも品質にこだわるようになってきました

店頭で買えるようなマスクの中には、袋に小さなゴミが混入していたりゴムヒモがすぐ取れてしまうような粗悪品もありました。

もともと中国製造で在庫していたものを袋詰めしたり箱詰めしたので小さなゴミの混入は仕方ないですね。
ゴムヒモが取れてしまうというものも今年になって作られたものというより在庫していた商品そのものに問題があったと思われます。

5月に入り、アイリスオーヤマやDCMブランド、ユニチャームのマスクが入手出来るようになりましたが、これらのマスクも製造は中国です。しかし、日本国内在庫であることから、あらためてパッケージすることが出来て品質が安定してきたようです。

国産メーカーのマスクは89円です。

国内メーカーや小売店が関わったマスクは、中国産中国在庫のマスクに比べると品質に差があります。
不織布の口に当たる部分の柔らかさやゴムヒモが平紐を使って柔らかくなっています。

1日中、口につけて使うものなので衛生的なもので耳が痛くないもの、そして本来の目的の性能を持っているマスクを買い求めるようになってきました。

夏用マスクの価格も低下してきた

5月に入り気温が高くなるとサージカルマスクの暑さや、手作り布マスクの暑さに悲鳴を上げる人も現れました。マスクメーカーは夏用マスクを作り販売しました。

夏用マスクはサージカルマスクではありません。不織布ではなく冷感生地を使っています。
立体裁断でヒモも一体型です。カラーも豊富です。
1枚あたり249円。5月上旬は500円台でした。(他のメーカー)

新たな生活様式に欠かせないマスクを賢く入手して快適に過ごしたいものです。

関連記事はこちら
[keni-linkcard url=”https://www.trytoolbars.com/reikanmasuku/”]

[keni-linkcard url=”https://www.trytoolbars.com/yaekurins/”]

コメント

タイトルとURLをコピーしました