今日(5月3日)のアッコにおまかせで長野保健医療大学の北村義浩特任教授が緊急事態宣言解除について解説した。

東京の場合は1日に5人未満を5日連続

北村教授による解除の基準は次のとおり。

人口10万人当り0.1人未満を5日以上継続、東京は1日10人未満で5日連続

東京の感染者数

5月に入ってからの東京の感染者数は次の通り。

5月1日は165人
5月2日は160人

この10分の1でも16人、20分の1で8人である。

解除要件クリアの目安は5月末

和田アキ子さんがいつ頃が目安ですかと訪ねると、北村教授は5月末頃と答えた。
政府の緊急事態宣言解除予定日と奇しくも一緒である。

一方、部分的解除の動きもある。

密集しない都市へ変わっていくのか

生活様式が変わるという意見もある。
密集し過ぎということであろうか。

グローバル化の弊害と言っているようである。

海外諸国における感染拡大防止と制限緩和の動き(2020-04-19)

プレヴェーユ薬用ハンドジェルの口コミ(5リットル)が流行長期化で需要高まる!